2014/02/17乾燥性皮膚炎

冬になってくると空気が乾燥してきて、暖房を入れると室内は余計に乾燥してきて、下腿が特に、その他腰回りや上腕部等がむずむずかゆくなってきます。そうして掻いている内にその部が湿疹化してきて、余計にかゆくなってきてと悪循環に陥ります。


日本の原風景をいうと、たんぼの中の一軒家で、暖房はこたつや火鉢やいろりということになると思いますが、それに比較して現在の住宅は、密用度が高く、暖房も強力になってきており、それが原因する一種の文明病とも言えるのです。それでも余計に悪くしてしまう増悪因子が存在します。その代表選手がナイロンタオル等、垢擦りです。その他ボディーソープも災いすることがあります。電気毛布もよくありません。


予防策としては加湿器の利用がありますが、使い過ぎるとダニやカビに水分を適度に供給することになり、アトピー性皮膚炎の神社さんでは遅効果になりかねません。また超音波式とスチーム式がありますが、絶対に後者を選択するようにしてください。


治療は抗炎症剤・保湿剤の外用、かゆみ止めの内服が中心になりますが、漢方薬、アミノ酸製剤がが乾燥を防ぐのに有効であったりします。

← 前の記事 記事一覧 次の記事 →
ページの先頭へ戻る